夏期講座

◇ミニ企画講座 夏期3回連続について


◆テーマ「コロナ禍を正しくこわがるために ― 寺田寅彦に学ぶ ―」

 

ねらい

 世界中で新型コロナウイルスの感染(かんせん)が広がり、多くの人々の命や健康が(うば)われ、社会や経済の活動もすっかり落ち込んでいます。しかし、この感染症が、いつどこで始まり、どう広がり、どうしたら終わらせることができるのか、見通すことは極めてむずかしい状況(じょうきょう)です。ここでは、明治~昭和初期のすぐれた物理学者であり、科学的な見方を通して社会、文学、芸術など(はば)広い分野で名言を残した寺田寅彦 (18781935) のエッセイ集「科学と科学者のはなし」から、コロナによる(わざわい)に向きあうためのヒントを得たいと思います。

 

◆参考

本講座は子ども大学かまくらのHPに掲載中の「コロナ禍への講師陣メッセージ― コロナ禍の今だから ―」のNo.1のメッセージについて受講生と講師が対話型で学んで行くものです。

※ No.1のメッセージ 「コロナ禍を正しくこわがるために― 寺田寅彦に学ぶ ―」

 

講師:中村和男先生(長岡技術科学大学名誉教授)

 

◆開催日時:89日(月),10日(火),11日(水) 各日とも10:3011:30 

(8月1日10:30~30分程、ZOOM接続テスト予定)

◆講座の要点
8/9[1日目]
 寺田寅彦という学者
(1)禍についての認識と取組み姿勢は・・・
 「天災は忘れた頃にやってくる」
 「正しくこわがりましょう」
   コロナ禍とのつながりを考える コロナを抑えるには・・・

8/10[2日目]
(2)物理現象としての感染の仕組みは・・・
 「茶の湯」 “かげろう”の原理で流体のむらを見る
 「塵埃と光」 気流や飛沫飛散・エアロゾル浮遊の様を実験動画でとらえる
(3)社会現象としての感染の伝わり方は・・・
 「物質群として見た動物群」
 「電車の混雑について」
  “群れ”としての蜜集や動きの仕組みを数学的法則や数式でとらえる

 

8/11[3日目]
社会における新型コロナウイルス感染現象を数学でとらえる
 集団感染の仕組みを数理モデルで表すと
感染の拡大・縮小の変化を科学的に分析・予測、適切な対策を見つける
(4)生態系における感染への対応は・・・
 「蛆の効用」 “天然の設計によるバランスの仕組み”がありそう
軽度の感染やワクチン接種で感染症へのより強い抵抗力を獲得できる

 

◆実施方法:ZOOM Meetingによるオンライン講座(対話型ライブ配信)

  各自ご自宅からのパソコンやタブレットでの参加となります

 

◆募集人員:最大10名まで(応募者が多い場合は抽選)

 

参加費:3回分1500

  3回受講できる方。また欠席した場合でも返金はありません

 

 

 申込み方法など

 ◆申込み方法

  下記お申し込みフォームからお申し込みください

 

◆参加学生の決定および通知

 *応募者が募集定員を超えた場合には、抽選で決定します

 *7月29日までに受講の可否をお知らせいたします

 

(注意)学生のみの受講です

 

◆お申込期間

721日(水)~7月31日(土)・・・期日を延長しました

 

下記から申込みができない場合は子ども大学かまくらへメール申し込みも可

 


夏期ミニ企画講座 お申し込みフォーム

メモ: * は入力必須項目です